お役立ちコラム

結婚お役立ちコラム

COLUMN

結婚式で指輪の交換を行うということ

最近では、

結婚式を挙げなかったり、婚約指輪はなくてもいいというカップルも増えていますが、

結婚指輪は多くの方が購入していらっしゃいますよね。

今の時代では当然のことになっている結婚指輪ですが、

一体いつ頃から結婚指輪を交換するようになったのでしょうか。

結婚(入籍)をした証となる結婚指輪を左手の薬指にはめるのは、諸説ありますが、

古代ギリシャでは心臓に直結していると信じられていた左手の薬指に

男性が贈る指輪をはめることで、愛する女性の心をつなぎとめるという意味があるのだそうです。

結婚式の中で結婚指輪を贈るという儀式を行ったのは、9世紀にまでさかのります。

ローマ教皇ニコラウス一世が愛する妻の左手の薬指にはめたことが始まりと言われています。

 

その後、今では当たり前のように行われている、結婚式の中で指輪の交換をするようになったのは、

11世紀ころと言われています。

丸くつなぎ目のない指輪は、永遠の愛の象徴と言われ、指輪を交換することで、

夫婦の絆を深め、永遠に愛情が続くようにとの願いが込められていのだそうです。

日本に、指輪が伝わったのは、江戸時代後期と言われ、その後一般に広まり、

結婚式の中で指輪の交換が定着したのは、

戦後の高度成長期に西洋文化が入ってきた中で、チャペルでの挙式が憧れの結婚式となり、

増加したためでした。

今では、神前結婚式や人前結婚式など、挙式スタイルが違っても、

指輪の交換は行われるようになりました。

 

こんなにも長い間、人々に受け継がれ、行われてきた結婚指輪の交換というセレモニー。

 

結婚をした証というだけでなく、

互いに愛する人を守ってくれるお守りになるという言い伝えもあるという結婚指輪。

 

結婚指輪の大切な意味や長い歴史を知ると、なおさら素敵な思い出になりますね。

 

 

結婚に関するお悩み・ご相談など、
いつでもお待ちしております。

028-656-7771

受付時間:平日AM11:00~PM8:00、
土日祝AM10:00~PM8:00 (水曜定休)

同じカテゴリの記事